【ホワイトニングDX】歯を白くしたい!歯のホワイトニングの方法を知りたい方のための情報サイトです。

口の中の病気

歯周病に気づいていますか?

更新日:

12,707人がこのページを参考にしています。

歯周病に気づいていますか?

大人になると半数近くの人がかかると言われる歯周病。

口の中なので自覚しづらいことが多く、たまたま歯茎を見たり、歯医者で指摘されてはじめて気づいたりします。

痛みのような症状がなければ、多くの人は放置してしまいますが、場合によっては深刻化して歯を失うことにもなりかねません。

そんな最悪の事態を避けるためにも、歯周病になる原因や対策法について詳しく確認していきましょう。

歯周病の原因

歯周病(歯槽膿漏)は歯茎周辺の病気ですが、もともとは虫歯と同じく歯垢の細菌が原因で発症します。

口の中には数百を超える細菌が潜んでいて、虫歯の原因に菌もあれば、特に害がないものもあります。

その中で歯周病の元になるのが嫌気性菌です。

文字通り空気が嫌いな嫌気性菌は、歯と歯茎の間の歯周ポケットに好んで住み着きます。

通常の健康的な歯茎は歯周ポケットが狭いですが、体の免疫が低下したり、歯の磨き方に問題があると、歯茎が弱くなって隙間ができ、嫌気性菌が入り込みやすい環境になります。

初期のうちは歯茎が腫れるくらいですが、菌の侵食が進むと次第に影響は骨に及び、歯茎に接する歯の部分を溶かしてしまいます。

土台がポロボロになった歯は使い物にならず、場合によっては抜くしかありません。

歯周病になりやすいのはこんな人

歯周病になりやすいかどうかを決めるのは、主に生活習慣と体質です。

歯茎周辺の磨き残しが多い人や、喫煙をする人は、通常よりも歯周病になる可能性が高いと言われています。

特に喫煙は、血管を収縮させ、歯茎を内部から弱させるので、歯周病のリスクが数倍にも跳ね上がります。

歯周病は本当に磨き残しのせい?

磨き残しももちろん代表的な原因で、多くのサイトでも書かれています。

ただこの点は人にって疑問に思うでしょう。

それはちゃんと磨いてるつもりでも歯周病になりやすかったり、歯茎はいたって健康でも虫歯にはよくなるという人もいるからです。

よほど磨き方が雑なら直接的原因となりますが、心当たりがない場合は磨き残しよりもともとの体質が深く関係していると考えられます。

このように明確な原因を特定しにくいのも歯周病の厄介なところです。

疲労や病気による免疫低下でもよくなると言われるので、まずは体全体の健康管理が予防の基本となるでしょう。

歯周病が関わる全身の病気

1.糖尿病

糖尿病の患者は歯周病になりやすい傾向にあります。

糖尿病になると唾液の分泌低下や、血管の収縮が起こるからです。

また歯周病菌が増加すると、今度は糖尿病を進行させるので悪循環となります。

2.骨粗しょう症

虫歯と同様に、歯がもろいと歯周病菌の浸食を早めてしまいます。

骨の密度が低下する骨粗しょう症は特に女性に多い病気で、エストロゲンが低下してくる40代以降になると歯周病にかかりやすくなります。

3.バージャー病

聞きなれませんが、バージャー病は閉塞性血栓血管炎の別名です。

手足の血管が炎症を起こし、ときには潰瘍を生じる重い病気です。

東京医科歯科大学の実験では、バージャー病の患者ほぼ全員の血管から歯周病菌が検出されました。

バージャー病は歯周病の合併症と言えるくらい密接に関係しているのです。

4.早産・低体重児出産

歯周病とは一見無関係に思える妊娠。

しかしアメリカの研究では、母親が歯周病にかかっていると、早産や低体重児のリスクが実に7倍以上に達するというデータがあります。

理由ははっきりしていませんが、歯周病による炎症で増加する物質が子宮の収縮につながり、陣痛を早めるとする説が有力です。

5.冠状動脈性心疾患

冠状動脈は心臓に血液を送る大切な血管です。

他の病気と比べると関連性は低いですが、歯周病菌によって冠状動脈が閉塞されるリスクがあります。

6.心臓病

心臓病は心臓にかかわる病気の総称です。

中でも歯周病が原因になりやすいといわれているのが感染性心内膜炎です。

菌が心臓の内側にある膜に炎症を起こし、ときには心不全をもたらします。

7.肺炎

歯周病菌は肺組織にも入り込みます。

肺炎は昔から日本人の死因として代表的な病気で、特に免疫の弱い高齢者は症状が深刻化しやすいです。

8.誤嚥性肺炎

誤嚥(ごえん)性肺炎は、食道から誤って食べ物が肺炎に入って歯周病菌が感染する病気です。

あなたも一度は食事の時にゴホゴホと咳き込んだ経験があると思います。

若いうちは飲み込む力が強いので珍しいですが、年齢とともにその力は衰え、誤嚥を起こす機会が多くなります。

歯周病になったときの対処法

歯周病の対策は症状によって適切な対処法が変わってきます。

比較的軽度なら、歯磨き粉を歯周病専用のものにすれば改善が期待できます。

一方症状が進行している場合は素人による対策が難しいので、やはり歯医者で診てもらうのが最善の選択肢です。歯医者では歯周病のもとである歯垢をきれいに取りのぞき、上手なブラッシングについても教わることができます。

また矯正器具やかみ合わせの不具合も歯周病の原因になるので、合っていない場合はこちらも調整します。

以上は歯周病になったときの治療法ですが、必ずしも症状が進んでから対策するという順番を守る必要はありません。

むしろ歯周病は深刻化する前に予防しておくことが、歯を長生きさせるためにベストな対策となります。

歯周病予防ができる代表的なクリニック

ホワイトエッセンス

予防は歯医者でもできますが、より専門的な歯周病予防を行っているのが、「審美歯科」といわれる科目名のクリニックです。

歯医者に比べると明らかに数は少ないですが、都会のエリアで探せば何件か見つかります。

日本の審美歯科では今のところ「ホワイトエッセンス」というクリニックが有名です。

ホワイトエッセンスは個人経営の歯医者とは違い、大手美容外科のように全国展開しているクリニックです。

唾液で簡単に歯周病菌の有無や特徴を調べられるDNA検査をはじめ、舌クリーニングや歯茎マッサージのように審美歯科ならではのサービスも受けられます。

歯周病菌DNA検査クリーニング
参考料金4,900円8,000円
所要時間約15分約60分
施術の流れ予約→カウンセリング→施術→アフターカウンセリング→会計

歯周病は早めの対応が良い!

歯周病の原因は決してこれだと決まっているわけではないので、人によって効果のある治療の仕方もさまざまです。

一番悪いのは放置することで、もし歯を失うことになれば、後々の食生活において支障が出てきます。

見た目も気になり、人前で思いっきり笑えなくなるかもしれません。

日本は世界的に見ても歯に対する意識が低く、欧米のように普段から歯をケアして病気を防ぐという考え方が浸透していません。

「出来てから直す」では歯の寿命が縮まるばかりですから、なるべく歯医者やクリニックに通って健康的な歯を維持していきましょう。

歯周病予防はもちろん、ホワイトニングも自分の歯に自信を持つためにおすすめします。

🔝 ホワイトニングDX

-口の中の病気

Copyright© 歯のホワイトニングおすすめ人気ランキング2018|ホワイトニングDX , 2018 All Rights Reserved.