【ホワイトニングDX】歯を白くしたい!歯のホワイトニングの方法を知りたい方のための情報サイトです。

ホワイトニング クリニック

オフィスホワイトニングのデメリット・メリット、料金

更新日:

12,709人がこのページを参考にしています。

オフィスホワイトニングの魅力を解説

ホワイトニングにはホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、デュアルホワイトニングというに種類があります。
今回ご紹介するのは「オフィスホワイトニング」についてです。オフィスホワイトニングの魅力は、なんといってもホワイトニング効果が出るまでの早さが最大のメリットとなります。
ゆっくりと時間をかけるのではなく、短期で早く歯を白くしたいという方にはお勧めの方法です。
では早速、専門知識を交えながら初心者にも分かりやすく解説していきましょう。

オフィスホワイトニングを成功させる鍵

ホームホワイトニングとは異なり国家資格を持つ歯科医師や歯科衛生士が専門知識のもとクリニックで行うホワイトニング方法です。
ゆえに国家資格のない歯科助手はホワイトニングはおろか、患者の口腔内を触ることは法で許されていません。
注意しなくてはならないのは、歯科衛生士と歯科助手の区別は見た目では分からないことが多く国家資格のない歯科助手がホワイトニングを行う歯科クリニックもある点です。
専門知識を学び、国家資格のある歯科衛生士か歯科医師が必ず行うクリニックを選びましょう。
高濃度の薬剤を塗布し専門の照射器具を使用しますので、専門知識のある者がやらなければ大変危険です。
ホワイトニング剤を歯に塗布し、歯茎は勿論のこと粘膜に付着させないように行える高い技術や様々な症状を見極める知識も必要です。
ホワイトニングの知識が高い人間がいる歯科クリニックでのオフィスホワイトニングをオススメします。
症状の見極めが出来ない人が行えば、知覚過敏症が進行し歯の神経が死ぬことさえあります。
酷い歯肉のタダレなどが現れれば回復に時間を要する場合もあります。

オフィスホワイトニングのデメリット2つ

・ホワイトニングによる刺激
オフィスホワイトニングでは高濃度のホワイトニング剤を使用しますので、歯に刺激を伴う場合があります。
もちろん何も感じない方も多くいらっしゃいますが、薬剤を塗布した後の光照射をする際に強いシミが痛みとして感じる方がいらっしゃいます。
そのような刺激を感じた際には我慢せず手を上げて知らせれば、途中段階でも中断できますのでご安心ください。

・何度か通わなくてはならない
ホームホワイトニングと違ってオフィスホワイトニングは、何度か歯科クリニックに通わなくてはいけません。
自分でやる手間がない分、しっかりと通わなくては歯の色戻りが見られることも多々あります。

オフィスホワイトニングのメリット2つ

・ホワイトニング効果が早い
オフィスホワイトニングの最大のメリットは、やはりホワイトニング効果の早さです。ホームホワイトニングはマイペースにゆっくりホワイトニングをしていくものですが、オフィスホワイトニングは短期で一気に白くするのが特徴です。
例えば人生の晴れ舞台で人前に出る予定があり、早急に歯を白くしたい場合などにはオフィスホワイトニングがオススメでしょう。
しかしホワイトニングには限界があることも覚えておきましょう。

・専門家が行ってくれるので安心
ホームホワイトニングでもオフィスホワイトニングでも、刺激を受けやすい方はシミのような痛みを感じるものです。
問題ない範囲もありますが、ホームホワイトニングの場合「この程度の症状なら問題ないのか」という判断は素人には難しいです。
しかし知識や実績のある歯科クリニックでのオフィスホワイトニングなら、専門知識のある歯科医師や歯科衛生士が行ってくれるため症状を常に見極めながら的確な判断をしますから安心だといえます。

オフィスホワイトニングの基本の流れ

まずは歯のクリーニングをし、歯の色味を記録しておきます。
次に開口器という器具を使い唇に薬剤等が付着しないように準備します。
歯茎や粘膜をしっかりと保護したら、ホワイトニングジェルを歯に塗布していきます。
準備が出来たら目を保護するメガネを装着し、光照射を行います。
照射時間や回数は個人差がありますし、選択するコースにより変わります。
1回目の照射を終えたらホワイトニングジェルを拭き取り、再度ホワイトニングジェルを塗布し照射します。
これを2~3回繰返すのが1回の予約のホワイトニングの内容となり次の予約までは2週間ほどあけます。
最後の照射を終えたらホワイトニングジェルを拭き取り、フッ素の塗布をして歯のケアをします。
食事の注意事項など説明を受けて終了となります。
ホワイトニング中は唾液は吸引してくれます。薬剤が粘膜や舌に付くと良くないので話はできませんので、何かあれば手を上げて知らせます。
1回のホワイトニングは1時間程度です。

オフィスホワイトニングの相場

オフィスホワイトニングは基本的に保険は使えませんから自費診療です。
ですから歯科クリニックにより費用にも差があります。
1回のホワイトニングで1万5000円~高いところだと5万円程度かかります。
ホームホワイトニングとは違い、歯科医師や歯科衛生士がクリーニングからホワイトニングまで全て行うので高額になります。
また、高い濃度の過酸化水素を配合したホワイトニング薬を取り扱いホワイトニング用の光照射器も利用するのも高い理由の一つです。
更にはホワイトニング専門のクリニックですと、別途料金で知覚過敏症対策や様々な歯のケアに関するオプションも用意されています。

オフィスホワイトニングがオススメの人

オフィスホワイトニングは、より早く短期で一気に歯を白くしたいという人に向いています。
ホームホワイトニングでは光照射を行わず薬剤の濃度もオフィスホワイトニングに比べて低いので、ホワイトニング効果を得るまでにも時間がかかります。
しかしオフィスホワイトニングは、個人差はあるものの効果を得られるまでが非常に早いので効果的です。
更にはオフィスホワイトニングは一度では理想的な効果を得ることはできないので、しっかりと通院できる方にオススメです。

オフィスホワイトニングがオススメではない人

これまでの内容で理解することが出来たと思いますが、オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤の使用と光照射をするため、歯のシミを伴う場合があります。
そのため健康な歯や歯茎の方でも刺激を感じる場合がありますので、虫歯がある方(程度による)・既に歯が知覚過敏症を発症している方・歯茎が痩せて歯の根っこが出てくる歯肉退縮が見られる方・歯周病や歯肉炎が見られる方、これらの場合には適切な治療を行ってから行う必要があります。
ただし、下がった歯茎は元に戻ることはありませんし、重度の知覚過敏症に関してもシミが酷くなる可能性大なのでオフィスホワイトニングは不向きだといえます。
無理してオフィスホワイトニングを行うことで、歯のシミや露出している根への影響が強くなり最悪は歯の神経を取らなくてはいけなくなります。
歯肉の炎症や虫歯に関しては適切に治療をすればホワイトニングは可能です。

歯のホワイトニングを安くできる方法

歯のホワイトニングは薬剤を用いて行う治療ですが、歯が白くない原因として歯石や着色が挙げられます。
実は、歯石や着色はホワイトニングをしなくても歯のクリーニングで綺麗になるのです。
クリーニングは保険が使えますので、初診料合わせても数千円で全て行えます。
ですから数万円かけてホワイトニングする必要がないのです。
歯石を除去するには歯科衛生士がスケーリングをすることになりますが、歯周病の治療の一貫としても行う治療です。
着色についてはPMTCといわれる歯科衛生士が行う特殊なクリーニング方法により除去することになります。
着色が酷い場合には、特殊なパウダー入りの強い水スプレーの噴射でクリーニングします。
歯科クリニックに「ホワイトニングして下さい」といらっしゃる方は多いですが、実はホワイトニングではなくクリーニングで綺麗になる方は非常に多いです。

オフィスホワイトニングならホワイトエッセンス

①【メニュー】

・マイルドホワイトニング
所要時間30分
※初回はカウンセリング込で60分
前歯12本の範囲の施術 8,000円
※返金保証制度あり
※メンテナンスや費用を抑えたい方

【施術内容】
ホワイトニング剤塗布x1回
光照射x1回

・スタンダードホワイトニング
所要時間45分
前歯上下12本の範囲 15,000円
前歯上または下6本の範囲13,000円
※返金保証制度あり
※短期の効果を望む方

【施術内容】
ホワイトニング剤塗布x2回
光照射x2回

・ハイパーホワイトニング
所要時間60分
※初回はカウンセリング込で90分
本数制限なし 70,000円
上の歯、または下の歯最大10本の範囲
で60,000円
※一度で最高に白くしたい方

【施術内容】
歯の茶渋取り
ホワイトニング剤塗布x3回
光照射ハイパーモードx3回
ナノアパタイトコート研磨

・ハイパーホワイトニング2回パック
所要時間60分
※初回はカウンセリング込で90分
本数制限なし 80,000円
上の歯、または下の歯最大10本の範囲で70,000円
※中途解約制度あり
コースの有効期限は6ヶ月
通院回数は2回
※通うことが難しい方

・オフィスホワイトニングコース
所要時間45分
※初回はカウンセリング込で90分
本数制限なし 48,000円
※中途解約制度あり
コースの有効期限は6ヶ月

【施術内容】
スタンダードホワイトニングx2回
マイルドホワイトニングx1回
強力シミ度目
歯の茶渋取り
ナノアパタイトコート研磨
通院回数は3回
※継続的なメンテナンスを希望の方

②ホワイトエッセンスでのオフィスホワイトニング3つの特徴

・専門のクリニックなので安心
オフィスホワイトニングをお考えなら、ホワイトエッセンスが是非オススメです。
その理由の一つとして、ホワイトエッセンスでは歯のクリーニングからアフターフォローまで全て徹底して管理してくれるからです。
専門分野の知識を活かし安心してホワイトニングをお任せすることができます。

・自分に合ったプラン
ホワイトエッセンスでは、自分に見合ったプランを選択することができます。通常の歯科クリニックでのホワイトニングでは、細かいプランが定められておらず選択肢がないことが多いのです。
しかしホワイトエッセンスなら料金システムや希望に合った内容でプランを選ぶことができます。

・業界初の光活性化ホワイトニング
ホワイトエッセンスのでは3年もかけて「業界初」となる特殊な光によりホワイトニング用の薬剤を活性化させるという照射器光活性化装置を作り出しました。
どういうことかといいますと、通常のホワイトニングの約半分の時間で済ませることが出来て、尚且つ痛みがない状態でホワイトニングが可能だということなのです。
この機器は、厚生労働省から医療機器認可を受けている優秀なものです。

クリニックでの歯のホワイトニングQ&A

Q1.痛みがあったら中断できますか?

A→はい、勿論できます。ただし、開口器を装着し薬剤が粘膜に付着しないようにしていますので痛みを訴える場合には手を上げて知らせるようにしましょう。

Q2.虫歯があってもホワイトニングできますか?

A→小さな虫歯であればホワイトニング剤を避けてホワイトニングすることは可能です。しかし、大きな虫歯であれば虫歯の治療が必要になるため出来ないことがあります。

Q3.クリーニングの場合は一回で終わりますか?

A→歯石や着色の度合いにより数回に分ける場合があります。沢山の歯石が付いている場合には歯石が歯茎の奥まで付いている場合があるため、局所麻酔が必要になるからです。

Q4.授乳中でもホワイトニングできますか?

A→オフィスホワイトニングでは濃度の高いホワイトニング剤を使用します。ですから授乳中は何らかの影響が無いとは言い切れず、授乳中のホワイトニングは控えるべきでしょう。

Q5.白くならない場合もありますか?

A→はい、あります。ホワイトニングには限界があり、個人差もあります。例えば歯の質や、変色の理由にもよります。特に神経がない歯のグレー系の変色はホワイトニングで白くするのは難しいです。

オフィスホワイトニングまとめ

今回はホワイトニングの中でもオフィスホワイトニングについて詳しく解説してまいりました。
ホワイトニングをご希望される方の中にはクリーニングで綺麗になる場合があるということも理解していただけたかと思います。
まずは信頼のおける歯科クリニックで歯が白くない原因を診断してもらう必要があります。
また、ホワイトニングの結果は個人差があるものなので想像したように白くならないことも理解しておかなくてはなりません。
しかしながら、可能な範囲で歯が白くなるようサポートしてくれるのも歯科クリニックで行うオフィスホワイトニングの魅力なので、歯の色味が気になってる方は是非一度歯科クリニックに相談してみましょう。

🔝 ホワイトニングDX

-ホワイトニング クリニック

Copyright© 歯のホワイトニングおすすめ人気ランキング2018|ホワイトニングDX , 2018 All Rights Reserved.