【ホワイトニングDX】歯を白くしたい!歯のホワイトニングの方法を知りたい方のための情報サイトです。

歯 ホワイトニング クリニック

ホームホワイトニング

更新日:

ホームホワイトニングの魅力を知ろう

ホームホワイトニングはクリニックやサロンに通う必要がなく、自宅にいながらにして好きな時に歯を白くするための作業が簡単にできます。
この手軽さが人気の秘密でありメリットでもあります。そこで今回は、具体的にどんな器具を使うのか…メリットやデメリットは?という疑問点を解決すべく、詳しく解説していきたいと思います。
ホームホワイトニングが気になっているが、ピンと来ないという方々の為に分かりやすく説明していきましょう。

ホームホワイトニングを知ろう

ホームホワイトニングとはクリニックやサロンで治療を行うのではなく、クリニックで自分専用のマウスピースを作ってもらい自宅で行うホワイトニングです。
マウスピースに適量のホワイトニングジェルをつけて装着します。
決められた時間そのまま待っていれば良いので非常に楽です。
ホワイトニングを行っている歯科クリニックで歯型を採取し、その歯型をもとにマウスピースを作製してくれます。
手渡されるまでには一般的には約1週間かかります。
マウスピースを手渡される時にホワイトニングジェルも一緒に渡されますので、歯科衛生士や歯科医師から注意事項や使用方法の説明がなされます。

ホームホワイトニングのデメリット2つ

・粘膜に付けないように注意する

ホームホワイトニングのデメリットとしては、歯科医院で全てやってもらうオフィスホワイトニングとは違って作業を自分でやらなくてはいけません。
オフィスホワイトニングの薬剤よりはホームホワイトニング用のジェルは効果は弱いものの、歯茎や唇などの粘膜につくと白く濁ったような色になり粘膜がただれてしまいます。
それに気づかずに時間を置いておくと、刺激を感じたりホームホワイトニング継続が困難なまでに粘膜の炎症が酷くなる方もいらっしゃいます。
自分で行うホームホワイトニングは細心の注意を払わなければいけません。

・ホワイトニング効果が遅い

オフィスワイドニングはホワイトニング専用照射器を使い短期間で一気に歯を白くします。
一方ホームホワイトニングは照射器を使わず自宅で行うため、ホワイトニング効果は非常にゆっくり現れることが特徴です。
歯の質や色味によってはホームホワイトニングでのホワイトニングが難しい場合もありますし、効果が遅いので途中で断念してしまう方も少なくありません。

ホームホワイトニングのメリット2つ

・好きな時に行える

ホワイトニングの最大のメリットは自宅にいながらにして行えるので通う必要がないということです。歯に悪い影響が出ない程度自分の好きな頻度で調整して行うことができますので、ホワイトニングには限界がありますが満足いくまで行うことが可能です。

・刺激が少ない

ホワイトニングを行う際に、人によって強い「しみ」や刺激を伴う場合があります。
早い話歯の漂白ですから、特にオフィスホワイトニングではホワイトニング中やホワイトニング後に刺激を受けやすいです。
ホームホワイトニングの場合はオフィスホワイトニングのような光の照射もせず、強い薬剤の使用はないので比較的しみたりや歯が痛いというような症状は出にくいです。

ホームホワイトニングを行う流れ

ホームホワイトニングを行うマウスピースは、ジェルが歯茎に付かないように歯の部分のみを綺麗にカットして渡します。
薄い材質で透明のマウスピースです。
マウスピースの歯の表面にくる部分に米粒大のジェルをつけて歯に装着します。
ジェルが多すぎると溢れてきて歯茎に付いてしまいますし、少なすぎてもジェルが行き渡りません。
多すぎず少なすぎずの量を随時使います。
マウスピースを装着したら指で圧接し、ジェルを行き渡らせます。
溢れた分は、速やかにガーゼや綿棒で拭いとります。
最初は20~30分放置し様子を見ながら行い、時間が来たら速やかにマウスピースを外し歯に付着しているジェルを拭い口をゆすぎます。
マウスピースは水か、ぬるま湯で歯ブラシを使って綺麗に洗い自然乾燥させます。
注意しなくてはならないのが、絶対に熱湯に付けないこと。熱湯につけると簡単に変形してグニャグニャになるので使えなくなります。
ホワイトニングをしている期間は歯の表面が一時的にもろくなるので、色素を染み込みやすい状態になります。
赤ワインやキムチ、カレーのような色素の濃い食べ物は控えることは鉄則です。
通常は真ん中から数えて5番目の歯までが笑った時に見える歯なので、そこまでの歯のホワイトニングを行いますが希望によります。

ホームホワイトニングの平均的な料金

ホームホワイトニングの料金相場は、正直なところ歯科クリニックにより差があります。
事前に行こうと考えている歯科クリニックの料金のリサーチはしておくべきでしょう。
ホームホワイトニングの費用には、ホワイトニング用マウスピースを準備する料金とジェルの料金が含まれています。
あくまでも一般的な相場になりますが、¥15,000~¥30,000程度が妥当でしょう。
この価格より安い場合は少ないですが、相場より高い歯科クリニックは良くあります。
薬剤の種類や使用する本数、マウスピースのによっても費用は変わってきます。

ホームホワイトニングがオススメの人

・刺激を受けやすい人

ホームホワイトニングがオススメな人は、歯に強い刺激を受けやすい人です。オフィスホワイトニングは光照射をしますので刺激を受けやすい方もいて「痛い」と感じる場合もあります。

・気長にやりたい人

特に急ぎではないのでマイペースにやりたいという人にもホームホワイトニングがオススメでしょう。
また、通うのは面倒臭いから…という方も自宅でなら気長にやれますからオススメです。

ホームホワイトニングをオススメしない人

・短期で一気に白くしたい人

ホームホワイトニングをオススメしないという人は、例えば結婚式があるので短期で歯を白くしたいという人です。
ホームホワイトニングでは、短期のホワイトニング効果は得られません。
このような場合にはオフィスホワイトニングをオススメします。

・歯の変色が著しい人

歯の神経を取っていて、グレーがかったような歯の色の変色がみられる人にはオススメしません。
基本的に歯の神経を取ったことにより変色した歯は、ホワイトニングで気持ち程度少し色が白くなりますが、オフィスホワイトニングをしたとしても白くはなりません。
オフィスホワイトニングで無理なタイプの歯は、ホームホワイトニングでも無理なので意味がなくオススメしません。

ホームホワイトニングならホワイトエッセンス

ホワイトエッセンスは、歯のホワイトニングをはじめ歯のクリーニングも手掛けているデンタルエステクリニックです。
54万件以上のホワイトニング症例をこなしている実績があります。
ホワイトエッセンスは、各々の歯の悩みや希望のホワイトニングに合わせて様々なプランを提案しています。
全くホワイトニングで効果がない場合には、返金制度があります。
通常の歯科クリニックでは、効果がない場合でも返金されるシステムはありませんので良心的なシステムだといえます。
ホワイトニングだけでなく、クリーニングで除去が可能な歯の汚れについても対応してくれます。
また、人には言えない悩みである口臭や歯周病予防にも力を入れています。
プロの技術により、思わず眠ってしまうような丁寧な治療が人気を集めています。
一度ホワイトニングした歯でも、定期的なメインテナンスで綺麗な歯を維持してくれる態勢が整っていますので、満足のいくホワイトニングを体験できることでしょう。

①グラフにしたいのでまとめお願いします。

参考料金(期間は個人差がある)

・マイルドホワイトニング
(前歯12本の範囲)
3ヶ月~10ヶ月¥8,000

・スタンダードホワイトニング
(前歯12本の範囲)
3ヶ月~10ヶ月¥15,000

・ハイパーホワイトニング
(本数制限なし)
3ヶ月~10ヶ月¥70,000

ホワイトニング全般オプションメニュー

本数追加(何本でも)¥2,000

強力シミ止め¥1,000

ナノアパタイトコート研磨¥1,000

茶渋とり&ナノアパタイトコート研磨¥2,000

・オフィスホワイトニングコース
有効期限6ヶ月
スタンダードホワイトニング×2回
マイルドホワイトニング×1回
毎回¥5,000分のオプション付き
本数追加(何本でも)×3回
強力シミ止め×3回
茶渋取り&ナノアパタイトコート研磨×3回
¥48,000

・ホームホワイトニング
専用マウスピースとホワイトニングジェル(10%)1週間分付き
¥15,000
※上下どちらかの全ての歯 ¥10,000

・デュアルホワイトニング
白さ結果保証コース
※有効期限6ヶ月
通院回数3〜5回
コース完了期間1~3ヶ月
¥98,000

・デュアルホワイトニング パーフェクトホワイトニングコース6ヶ月(有効期限)
通院回数3〜5回
コース完了期間1~3ヶ月
¥76,000

・デュアルホワイトニング
年間通い放題コース1年(有効期限)
¥300,000

・デュアルホワイトニング
メンテナンス回数券6ヶ月(有効期限)
4回¥26,000

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの良いとこどりをしたのがデュアルホワイトニングです。
ホワイトニング効果が早いだけでなく、色戻りがしにくいのもデュアルホワイトニングのメリットです。
オフィスホワイトニングで色戻りが気になってきた時に、ホームホワイトニングを取り入れて白さのキープやメンテナンスを手軽にできます。
更にはホワイトニングにより歯に色ムラが発生する場合がありますが、デュアルホワイトニングは色ムラが少くないので
仕上がりも綺麗になります。
歯の特徴や部位により色ムラは出来やすいのですが、デュアルホワイトニングな均質に白くすることが可能です。

②ホワイトエッセンスのホームホワイトニングの3つの特徴

・選べるジェル濃度
ホワイトエッセンスでは、ホワイトニングジェルの濃度を選択することができます。
マイルドな過酸化尿素10%~高濃度35%まで全部で4種類を用意されています。安全性ために最初は10%からのご使用が推奨されています。

・フィットするマウスピース
効率的にホームホワイトニングをするには、しっかりとフィットするマウスピースが必要不可欠となります。
ホワイトエッセンスでは、ご自身の歯に フィットするマウスピースを用意してくれます。

・目立たないマウスピース
自宅でホワイトニングをする際には、急な来客がある場合もあります。そんな場合にも安心な目立たないマウスピースが用意されております。
来客や周りの目を気にすることなくオフィスでも安心して利用することができます。

ホームホワイトニングに関するQ&A

Q1.妊婦もホワイトニングできますか?

A→母体や胎児への影響を考えて控えるのがベストでしょう。ホワイトニングでは薬剤を使用しますので、出産後…もっというと授乳を終えてから行うことをお勧めします。

Q2.ホワイトニングは保険が使えますか?

A→ホワイトニング治療は健康保険がききません。ゆえに自費治療の扱いとなります。更には歯科クリニックにより料金設定も様々ですから事前にリサーチしましょう。

Q3.ホワイトニング後の喫煙は?

A→ホワイトニング後の歯は非常に色素沈着しやすい状態です。色素の濃い食材やワインなども控えるべきで、喫煙も当然ながら控えるべきでしょう。

Q4.しみが出たらどうすれば良い?

A→ホームホワイトニングであれ、オフィスホワイトニングであれシミが出る方は必ずいます。全く問題ない方もいますが、強いしみが出た場合には速やかに使用を中止し薬剤を拭い取るようにしてください。我慢していると、重度の知覚過敏症を引き起こします。

Q5.ホワイトニングは何度もできますか?

A→はい、できます。例えば、5年前にホワイトニングをしたことがあり又やりたいという場合にも行うことができます。このように過去にホワイトニングをした経験のある方でも、同じように何年か後にホワイトニングはできます。

ホワイトニングは効果的である

今回はホームホワイトニングについて詳しく解説してまいりましたが、自分のペースで行えるホワイトニングはとてもメリットが多く有効な方法であるということをお分かりいただけたかと思います。
歯科クリニックは通うのが面倒…そういう声をよく聞きますが、自宅にいながらにして行えるのであれば問題は解決するわけですよね。
自分のペースで行えるというのは非常に魅力的で、ホームホワイトニングの強みでもあります。
使用するマウスピースは透明で目立たないので、帰宅時間が遅くて自宅に帰ってからやる時間がないという方は職場にいる時にもできますね。
空き時間を利用して歯を白くすることができるホームホワイトニングは、是非オススメです。

🔝 歯を白くする方法

-歯 ホワイトニング クリニック

Copyright© 【ホワイトニングDX】歯のホワイトニングのことならお任せ!|ホワイトニングDX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.