【ホワイトニングDX】歯を白くしたい!歯のホワイトニングの方法を知りたい方のための情報サイトです。

【歯を美しく!】歯を白くするホワイトニング方法を紹介!

ホワイトニングで美しい歯に!歯を白くする方法を教えます。

笑った時に見える白い歯は魅力的ですよね?黄ばんだ歯はどうも印象が悪い……。

美しく白い歯はあこがれです。

しかし、歯みがきだけで歯をホワイトニングするのはむずかしい場合も。

「毎日みがいているのに全然白くならない」そんな悩みをかかえている人も多いでしょう。

この記事では歯を白くする方法について、具体例をあげて紹介します。

ちょっとした方法で、歯は白くかわりますよ!

歯を白くする方法!手軽、本格的なものを紹介!

① ホワイトニング効果のある歯みがき粉を使う

手軽でとりいれやすいのが、歯みがき粉を使った方法です。

歯についた着色をけずってキレイに落とす効果があります。

毎日つかうことによって少しずつ黄ばみが落ちる!着色汚れをつきにくくする効果もあるんです。

なにより、毎日つづけやすいのがうれしい所。

毎日つかう歯みがき粉をかえればいいだけなので、とっても簡単です。

ドラックストアや市販でも手に入りますし、その種類もたくさんあります。

使われている有効成分もそれぞれ違うんですよ。

② クリニックでのホワイトニング

高濃度の漂白剤とライトをつかったクリニックでのホワイトニング!過酸化水素をぬり、表面のケアではとれない歯の内部までキレイにします。

とにかく効果が高いのが魅力的、歯の白さも自由に調節できますし痛みもありません。

ただし、お金はかかりますし、定期的なメンテナンスが必要です。

メリットとデメリットを知ることが重要です。

ホワイトエッセンス

③ 家で簡単にできる歯を白くする方法

重曹を使った方法は、体に安全で歯みがき粉として使うだけなので簡単です。

また、歯の消しゴムやマニュキュアなど、便利アイテムもたくさんあります。

どれも少ない費用で手軽に開始できますよ。

歯医者さんから専用のマウスピースをもらう、ホームホワイトニングなども!

ぜひ詳細を確認してくださいね。

歯が黄ばむのは身近にある4の原因

① 飲み物(珈琲・紅茶)のポリフェノール、カテキン

カフェインは黄ばみの大きな原因です。

コーヒーや紅茶を毎日飲む、という人は要注意!シミや着色として残ってしまいます。

コーヒーに入っているポリフェノールはもちろん、お茶に入っているカテキンやタンニンにも要注意です。

② 食べ物(調味料・着色料・お菓子)

また、色の濃い食べ物や着色料が入っている飲食物でも歯は黄ばみます。

ケチャップやソースといった調味料、着色料としても使うターメリックがたっぷりのカレー、色とりどりのお菓子は、特に色がつきやすいです。

③ タバコ(タール・ヤニ)

タバコに含まれるタールはヤニとして歯に残ります。

タバコを室内で吸うと白い壁が黄色く変色しますよね?それと同じ現象が口の中でもおこるのです。

特に、タバコのヤニは落ちにくい!毎日の歯みがきだけでキレイにするのは難しいです。

④ 口の乾燥(唾液不足)

口が乾燥すると歯は黄ばみやすくなります。

歯に色がつきそうになっても、ある程度なら唾液がキレイにしてくれます。

しかし、口呼吸やストレスで唾液は減ります。

汚れをおとす機能も低下するので、黄ばみとして口に残ってしまうのです。

歯が白くなる仕組みを解説

① 黄ばみをとかす

まずは、歯の着色汚れを除去から始まります。

たまった黄ばみをとかす!クリニックで行っているホワイトニングはこの方法です。

過酸化尿素という物質を使用、光との相乗効果で、漂白します。

また、とかす成分が入っている歯みがき粉もあります。

パッケージの成分にはステイン溶解剤と記載。

クリニックのホワイトニングよりもかなり効果は弱いのですが、表面の着色を少しずつとかします。

② 歯を曇りガラス状に

こちらもクリニックのホワイトニングで行っている方法です。

歯の奥には黄色い象牙質が存在します。

表面がすけることで歯は黄色く見えます。

特殊な薬剤を使用することによって、歯の表面が曇りガラス状に変化。

歯の中にある黄色い部分が見えにくくなり、白く見えるようになるのです。

③ 黄ばみを削る

研磨剤をつかって歯の黄バミを削る方法。

表面を削って黄ばみをおとし、ツルツルに仕上げます。

研磨剤は「炭酸ナトリウム」「ケイ素」といった成分を配合している歯みがき粉に入っています。

ヤニや強い着色汚れに効果的ですが、歯の表面がけずれることも……。

使い過ぎには注意しましょう。

簡単にできる!歯を白く保つ3のヒケツ

① 飲食後水で口をゆすぐ(タバコ後は3回ほど)

飲食した後に水で口をゆすぐ、これだけでも大きな効果があります。

外食の時口をゆすげないなら、ミネラルウォーターを飲むだけでもKO!口にいきわたらせてから、ゴクンと飲み込みましょう。

タバコの後は特に念入りにゆすぎましょう。

タールは発がん物質なので、水は飲み込まないでください。

3回ほどくりかえすと、口の中のタールもある程度は洗い流せます。

② 唾液をふやす

唾液を増やすことは黄ばみの予防につながります。

口呼吸の習慣は治すこと!鼻での呼吸を意識して、口を閉じるようにすれば、口呼吸は改善します。

水を定期的にとるようにすれば、口のうるおいを保てますよ。

また、食べ物をよくかむ習慣をつければ唾液も増やせます。

唾液の分泌をかんでうながす!ガムやかみごたえのある食べ物もおすすめです。

食後の習慣として、ガムをとりいれましょう。

③ 研磨剤入りの歯みがき粉に注意

研磨剤入りの歯みがき粉は歯のエナメル質を傷つけます。

使いすぎるとコーティングが失われて、着色しやすい歯に……。

細かいキズに黄ばみが入ります。

その時だけキレイになりますが、長い目でみると逆効果です。

ヤニや着色汚れがひどい人以外は、使用をさけてくださいね。

時々ならよいのですが、毎日の使用は厳禁です。1週間に1度までにしましょう。

粒子が小さめの低研磨歯みがき粉がおすすめです。

優しく丁寧に、が基本!エンピツと同じ持ち方で、小きざみにみがきましょう。

まったくの逆効果!危険なホワイトニング方法

① 海外の製品を使う

海外製のホワイトニング製品は、エナメル質が薄い日本人にあいません。

クリニックで使っているような、高濃度の過酸化尿素が入っているものが多いです。

しかし、自己判断で使うのはとても危険!効果が高いからと言って使ってしまうと、トラブルに発展することもあります。

② 酸をつかったホワイトニング

レモン汁やクエン酸を使ったホワイトニングはとっても危険!酸性物質は一時的には着色汚れはおちますが、歯の表面がとけているだけです。

何度もくりかえすと黄色い面がでてくることも……。

歯がかけたり、食べ物がしみたり、取り返しがつかない状態になってしまいますよ。

歯の疑問を徹底解明!ホワイトニングQ&A

ホワイトニング Q&A黄色い歯にどんな印象をもちますか?

ホワイトニング Q&A歯をあまりみがいていないのかな?と思ってしまいます。

+ 続きをみる

やはり不潔な印象はぬぐえませんし、口も臭そう……。キレイな白い歯の人の方が、清潔感があると思います。

ホワイトニング Q&A歯の黄ばみはコンプレックスですか?

ホワイトニング Q&A歯が黄色いと人と話すのがとてもイヤです。

+ 続きをみる

見えちゃうんじゃないか?汚いと思われているのではないか?会話を楽しめません。

ホワイトニング Q&A歯が黄色い人は老けて見えますか?

ホワイトニング Q&A歯が黄色いのはお年寄り、という印象です。

+ 続きをみる

いくら若い人でも歯が黄色いと老けて見えると思います。黄色い歯からは若々しさは感じられません。

ホワイトニング Q&A歯のホワイトニングが手軽にできるなら興味はありますか?

ホワイトニング Q&A興味はありますし、やってみたいです。

+ 続きをみる

ただ、クリニックのホワイトニングは料金が高いという印象も。家で手軽にできるホワイトニングがあるなら、ぜひ知りたいです。

ホワイトニング Q&A人の歯の色がきになる場面は?

ホワイトニング Q&Aやはり、面と向かって会話するときです。

+ 続きをみる

しゃべると口の中が見えますし、どうしても気になってしまいます。相手の歯が黄色いと会話に集中できないかも……。

ホワイトニング Q&A初対面の人の歯が黄色かったらどう思う?

ホワイトニング Q&Aいい印象はもてないかもしれません。

+ 続きをみる

ちゃんとしていない人なのかな?と思ってしまいます。歯が白い人とそうでない人を比べたら、白い人の方に好感をもちます。

歯で印象はガラリと変わる!ホワイトニングを実践しよう

歯は顔の一部です。

外見の印象やその人のイメージまで大きく左右します。

老けて見える、不潔に感じる、黄色い歯に感じる印象は悪いものばかりです。

ホワイトニングをすれば、清潔感があふれる若々しい白い歯が手に入ります。

クリニックでうけるホワイトニングはもちろん、家でできる手軽な方法まで、歯を白くする方法はたくさんあります。

この記事で紹介したのはどれも効果の高い方法!お金をかけずにできる方法もあるので、ぜひ試してみてください。

ニッコリを笑った時にチラリと見える白い歯はとってもステキ!

周囲や異性からの目も大きく変わりますよ。

🔝 歯を白くする方法

更新日:

歯を白くする方法

Copyright© 【ホワイトニングDX】歯のホワイトニングのことならお任せ!|ホワイトニングDX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.